So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

鉄道車庫見学会 [いや報告するほどのことでもないのですが]

父さん事件です
いやはや参りました

ワタクシ小学生のころは鉄道博士だ鉄道キ○ガイだ
いろいろ言われ
記念切符を集め、スタンプを押し
ケイブンシャ、コロタン文庫を購入する
「鉄」に生きる生活をしていたモノであります

大人になった今
昔に比べ鉄道会社のサービスもより良くなったと感じております
ネットが無かったから情報を吸い取れなかったのかもしれませんが
鉄道各社の車庫見学会がかなり凄いことになっております

とにかく面白いイベントにしようといろいろな催し物を開催します
ワタクシ今年は東急に行きましたが
スタッフの方がカードを配るのですがそのカードの種類が
何種類あるのか・・・それも無料で
そして広い車庫で隅々まで展示、イベントをしていました

他の見学会にも行きましたが
知って貰おう、楽しんで貰おうという気持ちが伝わり
その会社に対してまた乗ろうとファンになります
いやはやいい情報公開であります
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

FLASH終了 [倒産、事件です。]

父さん事件です
いやはや参りました

Adobe FLASH、
いやいやMacromedia Flashと言った方が
ワタクシしっくり来るのでありますが
FLASH3が1998年公開ということで
それ以降かなりFLASHが使われてきました
MacだWindowsだと考えずに作れましたし
待ち受けFLASH作りなんていう仕事もやっておりました

Macromedia
Netscape
Shockwave
などわくわくどきどきする
キーワードがどんどんなくなり
いよいよFLASHも仲間入りであります

やはりiPhone、iPadでFLASHがはじかれたのが決定打でしょうか
小学校でもプログラミングが入って来るなか
FLASHなんてなかなかいい感じだと思うわけでありますが・・・

Adobe、「Flash」を2020年末に終了へ - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/26/news044.html
Adobe、「Flash」を2020年末に終了へ(ITmedia NEWS) Adobe Sysemsがついに「Flash」の開発および提供を2020年末に終了する。Apple、Google、Microsoft、Facebook、Mozillaなどが協力する。1996年に「Macromedia Flash」として誕生したコンテンツ技術が24年の生涯を閉じる。 米Adobe Systemsは7月25日(現地時間)、「Flash」の開発および提供を2020年末に終了すると発表した。 「AdobeはFlashの終末(end-of-life)を計画している。具体的には、Flash Playerのアップデートと提供を2020年末に停止する。コンテンツ製作者に対し、それまでに既存のFlashコンテンツを新しいオープンフォーマット(HTML5やWebGLなど)に移植するよう推奨していく」としている。 Flash終了に当たっては、Apple、Facebook、Google、Microsoft、Mozilla(リンク先は各企業の公式ブログ)を含む技術パートナーと協力しているという。 Appleの故スティーブ・ジョブズ氏は2010年、「Flashはクローズドでセキュリティ上の問題も多い」と批判し、まずiPhoneでの採用をやめている。 MozillaのFirefox、GoogleのChromeブラウザ、MicrosoftのEdgeはそれぞれ、2015年あるいは2016年からFlashのブロックを開始している。 1996年に「Macromedia Flash」として登場したこの技術は、画像や音声を使ったコンテンツを作成するための規格で、コンテンツ製作アプリの名称でもあった。Flashで作成したコンテンツを再生するにはFlash Playerを使う。アプリ名としての「Adobe Flash」は、アプリがFlash以外の技術もサポートするようになったこともあり、2015年に「Adobe Animate」に変更されている。 Flashは長くWebコンテンツ必須の技術として使われていたが、HTML5やWebGLなどのオープンな規格で機能を代替できるようになるにつれ、ブラウザ企業が離れていった。脆弱性が多いことも問題視されている。 2020年末までは、脆弱性の対処および現在サポートしているOSとブラウザのサポートを継続する。

タグ:Flash
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

最近のウルトラマン [父さん「へぇ」は勘弁してください]

父さん事件です
いやはや参りました

ワタクシここ最近仮面ライダーは結構みます
ええディケイドを見てこれは本当に凄いんじゃないか
とアギトを真剣に見、他のシリーズも見て
どんどんライダー熱は上がって
ゴーストやエグゼイドなど最初は“ん?”と思ったものも
結局は解説本などを購入するまでになります

しかしワタクシ過去を振り返りますと
どちらかと言うとウルトラマン派でありました
200円で8枚くらい入っていたスタンプも
ウルトラマンのシリーズを購入しておりましたし
ガチャガチャに消しゴムもウルトラマンでした

しかしレオまでみていましたがその後は・・・

これは運命というのでしょうか
たまたまウルトラマンジードをテレビで見ると
これはすごいものでありました

とにかくリアルっぽいかっこいいウルトラマンがありました
1回変身すると20時間変身できないなど
まあもろもろそうなんだ、という感じであります
そしてウルトラマンの出てくるあれも昔の雰囲気を
今風のかっこよさで表現
宇宙に帰って行くショワッチまでかっこいいのであります

これは仮面ライダーでもそうでありますが
昔見ていた世代に「おお」と思わせる登場する怪獣、星人
ペガッサ星人、シャドー星人、ダダ、エレキングなど
知っているヤツらが出てきます

まだ4話なので仮面ライダーと同じように
過去の作品に入っていきますがウルトラマンオーブ
これまたメトロン星人だ、メフィラス星人だ、と知っているヤツらが登場します

ワタクシまた大きな楽しみができたものであります
ワタクシ人生を楽しんでおります
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の3件 | -