So-net無料ブログ作成
検索選択

ネッシー死亡説を必死に反論 [報・連・相は徹底します、はい]

父さん事件です
いやはや参りました

JALといいTOYOTAといい
民主党のぐたぐたといい世の中では様々な重要な
ニュースが飛び交っているわけですが

ここにちょっと心配なニュースも飛び込んできました
「ネッシー死亡説」
ワタクシ死ぬまでに行きたいところとして
ネス湖とアウトバーンなのですが
ネス湖はフルムーンとかでロマンスグレーになって
杖をつきながら行くという計画というか夢があったわけであります

そのネス湖がここまで有名になったのはもちろんネッシーですが
そのネッシーが最近なかなか出てこなくて死んでしまったのではないかと
そもそも生きていたのか?
そもそもいるのか?という話しもありますが
いいではないですか

UFO、つちのこ、コロボックル、ネッシー
どれも害も無いわけでいたらいたでおもしろいですし

ワタクシこれからも
雨の日には蕗の葉の下を確認してコロボックルを探し
口裂け女対策にいつでも「ポマード」と言える体制と整え
ライブカメラでネス湖を観察します
最近は目撃報告が減少しており、従来の存在否定派に加え、肯定派の間でも「ネッシーは死亡したのでは」との話が広がっているという。そうした中、ネッシー公式ファンクラブの会長は「昨年も“信頼できる"目撃情報が1件報告されている」と、「ネッシー死亡説」に反論している。

一時期に比べると、ネッシーの目撃情報が極端に減っているという事実は、ネッシー公式ファンクラブのゲイリー・キャンベル会長も認めるところ。「10年前まで、我々は多くの素晴らしい目撃情報を耳にしたものだが、ここ2、3年はめっきり」(英紙デイリー・レコードより)減っているそうだ。

こうした最近の流れに、会長は黙っていられない様子。2009年に寄せられた数件の目撃報告を慎重に精査した結果、6月に湖畔のホテル近くから目撃された1件は“信頼できる"として、生存の可能性を強く推している。たった 1件ではあるが、これを根拠に「今でもネッシーは生息している」との信念を曲げてはいない。

「ネッシー死亡説」が広がることによって、ネス湖の観光客が減少する可能性も危惧する会長。「ネッシーの存在を信じる、信じないに関わらず、“ネス湖の怪獣"は我々が抱える重要な観光スポットのひとつだ」(デイリー・レコード紙より)と話し、こうした点もあって「ネッシー死亡説」には黙っていられないらしい。しかし、不安を拭いきれない会長は、「たぶん、水中を捜索すれば答えは見つかるだろうが、ネッシーも頭を抱えて隠れ続けてるだろう」(Narinari.com)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース