So-net無料ブログ作成

応仁の乱から営業していたスーパーが破産 [倒産、事件です。]

父さん事件です
いやはや参りました

794うぐいす平安京
1192作ろう鎌倉幕府
そんなレベルの応仁の乱の最中に創業した
スーパーがこのほど破産とのことであります

塩田の経営の経営からはじまった「川口分店」であります
そもそもワタクシ無知でありますから塩田というものを知りません
塩田(えんでん)は、大量の海水から水分を蒸発させ、塩だけを取り出すために用いられる場所および施設。(wikipedia)
インターネットって便利ですねえ

しかし540年という長い長い歴史の中
大型店やドラッグストアの進出などの影響で売上低迷
歴史上もっと何かすごいことあったのでは
と思ってしまいますが、その歴史上のどれよりも
大型店達が強かったと言うことでしょうか、いやはやなんとも
創業から約540年の歴史を持つ長崎県五島市のスーパー経営「川口分店」(川口達三社長)が破産申請の準備を進めていることが21日、分かった。負債総額は約1億2000万円とみられる。東京商工リサーチ長崎支店によると、同社は九州・沖縄では最古の企業という。同支店によると、同社は応仁の乱が起きていた室町時代の1470年(文明2年)に創業。当初は塩田を経営し、その後は業態を変えながら1940年に合名会社を設立。近年は「まるかわストアー」の店名でスーパーを経営していた。2007年5月期決算では約4億円の売り上げがあったが、大型店の進出などで経営が悪化。昨年5月期に債務超過となり、今年4月に店舗を閉鎖していた。(読売新聞)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース