So-net無料ブログ作成
検索選択

GALAPAGOS微妙終了 [倒産、事件です。]

父さん事件です
いやはや参りました

インフォキャリーで絶対読まないであろう青空文庫を読み
eggyでほとんどコンテンツも見ず
ワンダースワンではGUNPEI以外手を出せずと
となかなか新しく発売される端末の
波で乗れずのワタクシでありますが
さすがに「ガラパゴス」には乗らなかったわけであります

このたび残念ながら、いや、やっぱりといいますか
ガラパゴスが撤退とのことであります
「ガラパゴス」進化せず シャープ、9月末で販売終了
シャープは15日、昨年12月に販売を始めた電子書籍を楽しめる多機能端末「ガラパゴス」の販売を9月末で終了すると発表した。米アップルの「iPad(アイパッド)」の人気に押され、売り上げが不振だった。イー・アクセス向けの製品供給は続ける。シャープのガラパゴスは液晶画面が10・8インチと5・5インチがあり、タッチパネル式のカラー液晶画面が5・5型と10・8型の2機種。価格は10・8型が5万4800円、5・5型が3万9800円。「TSUTAYA(ツタヤ)」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と「TSUTAYA GALAPAGOS(ツタヤ ガラパゴス)」を設立、端末発売と同時に電子書籍などの配信サービスを開始していた。(産経ニュース)

ガラパゴス進化せずですが
インフォキャリーは一応リーダーに進化したということでしょうか
シャープは15日、電子書籍サービスに対応した多機能端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」(10・8型、5・5型)の自社販売を9月末で終えると発表した。電子書籍市場が広がる中、米アップルのiPad(アイパッド)に対抗する“日の丸端末"を狙ったが、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した他社の多機能端末との販売競争にも押され、昨年12月の投入から1年もたたずに撤退を余儀なくされた。シャープは昨年12月、汎用(はんよう)の無料OS・リナックスを基にした独自OSを搭載したガラパゴスを発売。新聞・雑誌、書籍など約3万冊のコンテンツを準備し、早期の100万台販売を目指すなど、意欲を示していた。しかし、電子書籍の利用に機能を絞ったことも災いし、ゲーム機や動画視聴など多彩なソフトが利用できるアイパッドなどに押され販売は約数万台と低迷。(毎日.jp)
シャープは16日、タブレット型端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」について、今後も事業を強化していく方針を明らかにした。「電子書籍専用」だった初代モデルの直販は今月末で終了すると発表したが、新機種の投入や販路拡大を進めていくという。この日、大阪市内で記者会見した浜野稔重副社長は「店頭で商品を渡せる環境が大事だった」と直販体制が販売不振の一因だったことを認めた。イー・アクセスを通じて8月に販売を始めた最新のガラパゴスは好調といい、今後は取り扱う通信事業者を増やすなど販路拡大も進めていくという。(asahi.com)
結局一部やって一部やめ
この微妙な撤退が大火事になってしまうのでしょうか?
火事になるほどの規模でもないのでしょうか?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース