So-net無料ブログ作成

NHKの受信料は番組を見る対価ではなく維持費です [父さん「へぇ」は勘弁してください]

父さん事件です
いやはや参りました

NHKの受信料が40年ちょっとぶりに値下げするようであります
まあ月最大で120円とコーヒー1本分でありますが

「ワンセグ搭載機器にも支払いが義務付けられるNHKの受信料。その根拠は?」
という週プレNEWSの記事であります

ワンセグ搭載機器、ワンセグできるDSとかにも課金するみたいな記事であります
まあ昔、NHKの料金回収員が来たらテレビを隠す
そんな話もありましたが、今では携帯やDSもですか

ワタクシここ最近はNHKを見る時間が少し多くなったため
受信料はその見る対価として納得しているわけであります
ミドルエイジクライシスを見てどきどきしたりしているわけであります

今までワタクシはNHKはスクランブルを掛けろ派でありましたが
実はそういうことでは無かったと
「NHKの放送を受信できる携帯電話やカーナビは、放送法第64条第1項で規定されている『協会の放送を受信することのできる受信設備』であり、受信契約対象となります」(NHK広報局)しかも、支払う金額は受信設備――、つまり大型ハイビジョンテレビであろうがニンテンドーDSであろうが一律。NHKの電波が受信できる限り、どんな「受信装置」であっても“義務"として前記の金額を徴収されることになる。この認識は、放送事業を管轄する総務省も同じだ。「お気持ちは理解できますが、放送法上、NHKの受信料はどのような機器で視聴しようが一律に支払うべきもの。受信料は、公共放送を社会の中で維持していく負担金という位置づけですから、いかなる受信装置でも基本は“ワリカン"です」(総務省・放送政策課)つまり受信料とは、NHKの番組(コンテンツ)を視聴するために支払う対価ではないということ。公共放送を維持するために国民が負担するお金なので、「オレ、テレビ観ないから」という言い訳も通用しないことになる。(週プレNEWS)
え?番組を見たからの対価ではなかったのであります

国営放送を維持するために寄付みたいなものであります
まあそれでも震災の時や地震が起きればすぐNHKなのでワタクシはいいと思いますが
それならばNHKオンデマンドやDVDなどの販売は
人から強引に取ったもので商売している
そんな感じになるわけであり、DVDなどの売上で
オンデマンドの運営費を回すなどして
なんとか会長や上の人たちのいい待遇などに使うのが腹が立つわけであり
いやはやなんとも
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース