So-net無料ブログ作成
検索選択

病院シリーズ、参加メンバー:CTスキャン、胃カメラ、ワクチン [いや報告するほどのことでもないのですが]

倒産事件です
いやはや参りました

2012年ワタクシ厄年が解け
後厄なんていうのは許しませんので
なかなかアグレッシブに生きております

病院嫌いでならすワタクシも今年は飛ばしております
CTスキャン、胃カメラ、おたふく風邪のワクチン
おいおい2001平大丈夫なのか?
いやいやいやまったくもって大丈夫であります
ご心配されている方がいらしたら
拍子抜けするような状況であります

まず2012年の初戦はわくちんであります
ワタクシBCGもすり抜けてきたわけでありますが
御年42歳、はしかとも闘い、水疱瘡とも闘ってきたのですが
おたふく風邪に関してはまだ未対戦であります
なのでこの歳でおたふく風邪はいろいろつらいとのことなので
わくちん経験しました
そこのクリニックは子供が多いらしく
注射も赤ちゃん用とのことで細く痛みはほぼ無かったのであります
常に注射を打たれるときはほっぺたの中の肉を噛み
こっちの方が痛いと暗示を掛ける必要もこれならば大丈夫であります
技術の進歩というのはまったく恐ろしいモノであります

第2戦はCTスキャン、
ワタクシ頭痛はイブを飲んで短期決戦で終わらすのですが
病院に行ったとき念のためCTやりますか?と言われやりました
待ち時間20分ほど
もしこれが来週CTやりましょうとか行ったら
来週まで嫌な事ばかり考えてしまい
それこそ大頭痛になること必至でありますので
考える時間なくやれたのは非常に良かったのであります
泳げない子をプールに落としてもがき泳げるようになった感覚であります
そして結果も終わって15分ほど、ワタクシ一切問題無しでありました

そして1月病院シリーズ最終戦は胃カメラであります
ワタクシまだ今の半分の歳のころ胃カメラをやったことがありましたが
そのときは苦しすぎて目玉がでてしまうんじゃないかという感覚でありました

今回は胃カメラが進化した、無痛みたいなことで
鼻からの胃カメラをやりました
しかし昔のトラウマでなんとなく厳しい感じはします
しかしそんなに痛くははなくプールで鼻から水を飲んでしまった
時の方が数倍痛いはずです、まあ麻酔が効いているからですが
ワタクシほっしゃんは本当に強いのだ、と感心してしまいます

そして胃カメラは鼻から食道、胃などをカラーで
見ることができ先生もこれが食道ですとか解説があります
で結果はきれいなもんでした
胃カメラは痛くもないのですがやはり
鼻から入っていることに精神的に少し参ってしまいました
20年前に胃カメラをやっていなければただただ普通だったと思われます

病院というのは先生が絶対で質問しても素人は口出すなという
ワタクシたちの子供の頃から変わり
痛ければ痛いと言っていいし
わからなければ質問し丁寧に答えてくれる先生たち
病院は怖くないんだ、と病院の進化を感じる今日この頃であります
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース