So-net無料ブログ作成

K-1破産 [倒産、事件です。]

父さん事件です
いやはや参りました

あのK-1が破産してしまいました
あれだけテレビでやっていて世界中でトーナメントをやっていたK-1です
2000年前後にはPRIDEと並んで東京ドームなどで
大会を開催していたK-1です
そしてそのPRIDEも今はなくあのお祭りはなんだったのか?
今思えば相当なバブルであったわけであり
民間信用調査会社の帝国データバンクは16日、総合格闘技「K-1」を運営していたFEG(東京)が東京地裁から7日に破産手続き開始決定を受け、事実上倒産したことを明らかにした。負債総額は不明。「K-1」は1990年代から2000年代にかけて人気となり、試合が週末や大みそかの夜にテレビ放映されてきた。しかし、近年はファン離れやスポンサー企業の業績低迷で、同社の資金繰りは悪化していた。(時事通信社)
K-1は、空手やキックボクシングなどの選手が共通ルールで戦う格闘技として1990年代から人気を博してきた。しかし、発表によると、ここ数年はスポンサー収入の減少やファン離れが進み、同社の資金繰りが悪化。財政難から2011年の「K-1グランプリ」も中止となっていた。同社は03年、興行会社「ケイ・ワン」を巡る脱税事件を受け、K-1のイベント興行権を受け継ぐ形で設立されていた。(読売新聞)
ワタクシ格闘技は大好きであります
ええプロレスからキックからほぼ好きであります
しかしこれらがサッカーや野球のように万人に受け入れられるわけないと思っていたわけであり
やはり顔面にキックやパンチをするのは
相当特別な世界でありやはり身内には危険でやらせたくないわけであり
多くの負債を抱えたまま、「K-1」の商標権だけが他社に売られてしまった弊社ですが、「破産」というのは、会社を潰して残った資産を債権者で分け合うことを意味します。債権者にとっては、会社が存続している限り、ほんの少しずつでも返済できる機会がありますが、会社が潰れてしまえば、そういう機会さえ失うことになります。ですから、「破産申し立て」は通常、よほど恨みがない限り、予納金を積んでまで債権者がやらないことなのです。(FEG公式サイト)
これは運営会社代表谷川さんのコメントなのですが
もう考えることすらできない状態なのでしょう
大会を発表しても開催出来ないなかランニングもかかる会社が
存続し、さらに返済する機会なの相当無理があるわけであり
やはり石井館長のような方がトップではないと、と感じるわけであります

しかしいい夢を見せてくれました
ワタクシK-1を思い返してみると
フランシスコ・フィリォ vs バンナ、フィリォ vs フグなんて凄かったなあと
想い出にふけってしまいます
ボブチャンチンがホースととやったのも興奮しました

ええワタクシ過去を美化して生きていくので最近の
バダ・ハリとか言われてもピンと来ないわけであり
いやはやなんとも
タグ:PRIDE K-1
nice!(0)  コメント(0)