So-net無料ブログ作成
検索選択

日本直販破綻 [倒産、事件です。]

倒産事件です
いやはや参りました
11月9日、テレビショッピングの「日本直販」を運営する総通が、大阪地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約174億円、事実上の経営破綻だ。日本直販は総販売本数100万本を誇る大ヒット商品「高枝切りばさみ」を生んだテレビ通販の老舗。1995年9月期の年間売上高は約525億円あったが、2011年9月期の売上高はその半分以下となる約256億円まで落ち込んでいたという。(プレNEWS)

日本直販が破綻であります
テレビCMの電話番号の女性の声が印象的ですが
今はフリーダイヤルで、え?こんな番号だっけと感じてしまいます
http://www.666-666.jp/
となかなかなアドレスであります

高枝切りばさみが爆発的なヒットであります
高い枝がスパスパ切れる人気の「高枝切りばさみ」は、長さが約1.8m〜3mに伸縮自在。約1.25kgと軽く、補助グリップ付きなので女性の方でも手軽にお使いいただけます。はさみは高級刃物鋼製で切れ味がよく、使いやすさ抜群。果実を落とさずに切り取ることもできます。これに直径4cmの太い枝も軽〜く切れる「太丸」、高枝切りばさみの柄の先にも取り付けられる「ノコギリ」、花や葉を切り揃える時に重宝する「剪定バサミ」まで付いて、なんと8,980円!お庭のお手入れから樹上の果実採りまでラクにできる便利な一式です!(日本直販HP)
昭和36年にペン習字の通信教育からはじまった会社であります
「ペン習字」「高枝切りばさみ」など
21世紀に入り時代に乗れなかったのでしょうか
購入層がネットに疎そうというのも原因かと思われ
いやいやなんか黒い話しもある感じであります
今年夏、民間調査会社、東京経済が銀行・商社の審査マンを対象にしたセミナーで「危ない企業300社リスト」を発表したが、そのなかに総通が入っていたことが、一部で話題になった。「20年にわたる大掛りな粉飾が発覚して、金融機関からの支援が難しくなった」というのがリストアップされた理由だった。粉飾が発覚したのは6月。資金繰りが悪化した総通は、主力金融機関の京都信用金庫(京都市)など借入先約20行に元本返済の猶予を求めた。京都信金が再建策を検討するため、監査法人による資産査定(財務デューデリジェンス)を行った結果、架空在庫や利益の水増しなど過年度の粉飾決算が発覚した。2011年9月期の、同社の財務諸表上の純資産額は約70億円。それが実際は80億円を超える債務超過に転落していたのだ。このほか創業者の長男の喜多俊憲社長と弟の喜多良二副社長の2人に、相続税の納付資金としてそれぞれ5億円ずつ貸し付けていたが、10年以上、返済されないままになっていた。粉飾を行ったのは「テレビコマーシャルを打ち続けるためには、財務内容が健全であるように見せること必要だった」(金融機関)からと見られている。(Business Journal)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース