So-net無料ブログ作成
検索選択

自分だけ大事な新聞 [地震・雷・火事・父さん]

父さん事件です
いやはやまいりました

消費税が上がるのはしょうがないとして
またも勝手な事を言うやつが出てきました
ええ、勝手な新聞であります
勝手に人の玄関まで来て
取れ取れ、新聞取ってないとまずいですよなって
ちょっと問題ありそうなやつが勧誘してくるのであります

世の中を自由に操り
好き勝手に自分の主張を語る
いいご身分であります

新聞社は必要であります
やはり間違いがあっても残念ながら
一番確度が高いと思われますので
しかし新聞紙が必要な人は少ないでしょう

高給を取りながら正義を振りかざすが
自分にも普通に消費税払えと言うと
「民主主義」がどうこういう

新聞に民主主義なんてありませんよ
お金か力のある人にコバンザメだけですから
2014年4月の消費税8%引き上げ時点での軽減税率導入を見送った与党税制大綱を巡り、3大紙のうち、読売新聞と毎日新聞が2013年1月25日付朝刊の社説で、「私憤」とも「公憤」とも取れる批判を展開している。両紙とも消費増税への理解を得やすく、低所得者対策になるのは「軽減税率である」とした上で、今回の導入見送りについて「残念な決定」(毎日)とし、「問題である」(読売)と批判する。そして15年10月の10%段階では確実に導入し、その際は食料品だけでなく新聞・書籍にも適用すべきである、と堂々と主張する。「民主主義を支える」ためにも、軽減税率の適用品目に新聞を含めるべきだ、とも書いている。(J-CASTニュース)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース