So-net無料ブログ作成

2014年の2001平ベスト10 [父さん「へぇ」は勘弁してください]

父さん事件です
いやはや参りました

2014年もいろいろあったわけでありますが
ワタクシのワタクシによるワタクシだけのベスト10を発表したいと思います

次点:スカパーオンデマンド
ワタクシ最近スカパー!オンデマンドを知りました
ええキーワードとしては知っていたわけでありますが
こんな便利なのか、と。
スカパー!オンデマンドを知りたい方は
「イーフロンティア民事再生手続き」をご覧ください

7位:今年もいろいろありました
・イーフロンティア民事再生手続き 12/27
・J3の初代王者はツエーゲン金沢 11/29
・Mac People休刊 10/30
・新幹線、布団が降ってきて遅れる 9/29
・日々変わるミンティア 8/30
・燃えろ!新日本プロレス完結 7/31
・PSPの国内出荷終了 6/30
・バーバリー・ブラックレーベル終了 5/20
・生フォルラン 4/30
・笑っていいとも終了 3/31
・さよならVAIO 2/09
・Yahoo!メッセンジャー終了 1/29
ワタクシの毎月の記事であります
ええこれだけ見て何年か当てられる方はワタクシのファンなのですか

6位:スコラ、FMレコパルなど復活
ワタクシ昭和40年男を毎回買っております
昭和大好きであります、と言っても知っている昭和が好きなわけであり
40年代以降のことであります
FMレコパルは買っておりました。

5位:バカサイ紅白
第20回バカサイ紅白出場歌手決定
歌手も大事なのですが司会が一番のメインであります
そして今年も無事W島崎に決定19回連続です
JEROも3回目の出場であります

4位:ビンゴ
ワタクシiPhoneのアプリビンゴにはまりまくっております
もっという昔のiPhone、iPadも駆使し
2014年ワタクシ、ビンガーになっておりました

3位:DVDのところにSDを入れてしまう
ワタクシよくぼーっとする人間であります
テレビを見ながら
適当にSDを差したところあり得ないほど入ってしまい
あっ・・・・・DVDのところにSDを差し込んでしまったわけであります
これはキーボードにファンタをこぼした以来のポカであります

2位:ふわふわで大惨劇
ふわふわが大好きな少年でありました
ええ今でも本当にふわふわで遊びたいと思っております
しかしこの楽しいふわふわで大事件が
e4911deb.jpg
秒刊SUNDAYでどうぞ

と来ました
第1位でありますが該当無しということでよろしくお願いいたします
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

イーフロンティア民事再生手続き [倒産、事件です。]

父さん事件です
いやはや参りました

Video Studioなど有名ソフトを販売している
イーフロンティアが民事再生手続きをしたようであります。

ええワタクシもイーフロンティア・ユーザーであります
Sling Box、Shade、Vueと結構買っていたのであります
しかしShadeは昔150万円したものが1万円ちょっとで買える
という歓びから購入

Vueに関しては簡単に素晴らしい風景ができるという
デモを見て購入したわけであります。
しかし買った時点で満足してしまったワタクシは
1つの作品でできずに終わってしまいます。

Sling Boxに関しては別の部屋から
PCでスカパー!を見るために購入したのでありますが
今ではスカパー!オンデマンドで解決してしまったわけであり
自宅でのイーフロンティアは随分前からであります

Band-in-a-Box
Poser
toastなど昔から有名なソフトたちを
扱っていても厳しい世の中であります
帝国データバンクによると、PCパッケージソフトを開発・販売するイーフロンティアが12月12日付けで民事再生法の適用を東京地裁に申し立てた。負債総額は約23億5000万円。1999年に設立。国産3Dソフト「Shade 3D」や、カナダCorelの「Painter」「CorelDRAW」「PaintShop Pro」、ポーズ作成ソフトの「Poser」、景観作成ソフト「Vue」、自動作曲・伴奏作成ソフト「Band-in-a-Box」など定番ソフトを多く取り扱い、2010年3月期には約40億円の売上高を計上していた。一方で、事業展開に向け国内外のM&Aを進めていたが、一部子会社を清算したことで、10年度末に約13億円の債務超過に転落。13年7月には事業の一部を関連会社に新規分割し、事業のスリム化を進めたが、14年3月期の売上高は約28億円に落ち込んでいた。円安による収益低下に加え、「Shade 3D」の開発元は先月、イーフロンティアとの販売代理店契約を解除したことを明らかに。このため資金繰りの見通しが立たなくなり、民事再生法の適用申請となったという。(ITmedia ニュース)
ビデオ編集ソフトのVideo Studioなど、多くのソフトウェアや関連機器を販売していたイーフロンティアが12月12日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行なった。イーフロンティアは、VideoStudioやPaint Shop Proといった映像/写真関連のソフトウェアや、3D CGソフトのShadeなどを手がけていた。同社では、「民事再生手続は、事業を継続して公平性・透明性を確保し、会社自身で事業を再生させる手続き。今後も弊社は営業を継続し、商品の受注、出荷及びサポート業務等を従来どおり行なっていく」とのコメントを出している。 (AV Watch)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース