So-net無料ブログ作成
検索選択

JR北海道・留萌線100円稼ぐために4000円のコスト [報・連・相は徹底します、はい]

父さん事件です
いやはや参りました

ええ、ワタクシ電車キ○ガイでしたから
子供の頃から数字で見る国鉄など読んでおりました
営業係数、表定速度などの単語もちかいものでありました

JR北海道。国鉄時代にものすごくあった線も
どんどん無くなってしまいました
白糠線、歌志内線、天北線など挙げたらきりがありません

JR北海道が出したリリースで
「お客様のご利用が少ない線区の収支状況について」という文章があります
そこには100円稼ぐために4161円かかる留萌線などが・・

留萌線:留萌〜増毛 4,161円
札沼線:医療大学〜新十津川 1,909円
石勝線:新夕張〜夕張 1,247円
根室線:富良野〜新得 1,430円
留萌線:深川〜留萌 1,316円
宗谷線:名寄〜稚内 543円
根室線:釧路〜根室 441円
根室線:滝川〜富良野 827円
釧網線:東釧路〜網走 520円

結局留萌線はほとんど厳しい状況と言うことであります


さらに1日10人も乗らない駅が159駅あるとのことであります
1/3が10人も乗らないというのはもう何ともであります
JR北海道は29日、道内で1日平均乗車人数が10人以下という「極端に利用の少ない駅」が159あると発表した。同社全駅453の3割を占める。乗車人数がほぼゼロという「1人以下」の駅も58に上る。JRが毎年11月に実施している調査結果の5年間の平均。同社の小山俊幸常務が道主催の地域公共交通検討会議で明らかにした。2016年度中の廃止に向けて地元と協議が進む留萌線留萌―増毛間は、留萌と増毛を除く7駅が「10人以下」。うち5駅が「1人以下」だった。JRは3月26日のダイヤ改正に合わせて石勝線十三里駅(夕張市)など8駅を廃止する方針だが、うち7駅は「1人以下」。石北線旧白滝駅(オホーツク管内遠軽町)のみ「1人超10人以下」だった。小山常務は「利用の少ない駅も定期的に巡回して維持管理を行っているが、施設も老朽化が進んでいる」と述べ、将来的に廃止を進める可能性を示唆した。(北海道新聞)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース