So-net無料ブログ作成

VHS終了 [倒産、事件です。]

父さん事件です
いやはや参りました

ワタクシ父親の関係でビデオと言えば
VHSであり一時期はそうとう保有しておりました
まだまだ見てはいませんが保有はしております

ただワタクシ借りたVHSがデッキに絡まり
焦ったことがある関係から
使用にはちょっとビビってたじろぐ場面もあり

もうすり切れるほど見るという文化が無くなってしまうのであります

国内メーカー唯一のVHSデッキが生産終了 やむなき理由と再開の可能性
(THE PAGE )
国内唯一のVHSデッキメーカーだった船井電機が、7月いっぱいで同デッキの生産を終了する。思い出の映像をVHSテープで保管する人にとってはショックかもしれないが、いまや映像の再生・録画の役目は、ブルーレイディスクやハードディスクが主流となっている。時代遅れだから、売れないから生産終了なのか? 船井電機の広報によると、需要がなく採算がとれないという理由ではなく、"やむなき"生産終了になるのだという。同社に生産再開の可能性などを聞いた。 最盛期の1/20販売台数でも利益は確保 船井電機は2015年11月、国内向けのVHSビデオ一体型DVDレコーダーの販売を終えた。現在販売しているのは、中国で生産し、北米向けに出荷しているVHSビデオ一体型DVDレコーダー。15年の売り上げの約9割は、北米市場が占めた。 同社が、再生専用機でVHSデッキ市場に参入したのは1983年。85年には、録画・再生が可能なデッキを発売。最盛期の2000年から02年にかけては年間1500万台を販売したが、DVD、そしてブルーレイディスクの登場および普及を経て、近年は市場が縮小。15年の販売台数は約75万台にまで落ち込んでいた。 生産を終了する理由について、同社広報は「VHSデッキの部品を生産するメーカーが撤退を決め、それらの調達が困難になったため、"やむなく"撤退を決めた」と説明する。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース