So-net無料ブログ作成
検索選択
父さんちょっとそれは・・・ ブログトップ
前の4件 | -

花婿教室 [父さんちょっとそれは・・・]

父さん、事件です。
いやはやまいりました
いやはやいろいろな教室があるけわであります。カルチャーセンターに行けばそれこそミニチュア製作教室、タンゴ教室、そしてセレブ教室。
いよいよというかなんと言いましょうか花婿教室なるものも存在しているようであります。
ワタクシ「ガイアの夜明け」で一喜一憂してしまう男でありますが結婚できない30代男性みたいなテーマが放送されました。
女性の30代で負け犬みたいなものが言われておりましたが今は逆のようであります。
自立する女性、仕事に輝く女性で女性がたくましくなり、ニートに代表される男性たちは母親の過剰な愛情で「ちゃん」付けで洋服を出して貰ったりしています。
それじゃあ無理だよとつっこみたくもなります。
そして厳しいのは親のねるとんであります。娘、息子の為に親同士がねるとんみたいなことをします。
もちろん本人たちはいないわけであります。そしてその写真などを持ち帰ると息子は自分の身なり、存在は置いておきこの娘の容姿がいいなどと選びます。選ぶのは自由ですが判断する女性はもちろんNO!と言える日本でしょう。
いやはや、将来の夢は可愛いお婿さんになることです!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

いちごミルク味ソーセージ [父さんちょっとそれは・・・]

父さん、事件です。
いやはやまいりました
日本水産は2日、“いちごミルク味”の魚肉ソーセージを9月1日から発売すると発表しました。ソーセージの売り上げは伸び悩んでおり、ソーセージを食べない子供も増えてきたため、子供の好きな果物を使った異色の組み合わせで人気回復を目指すようです。
日本水産が、子供が好きになるソーセージを作ろうと、アンケートを実施した結果、最も好きな果物にイチゴが挙がったようです。
しかしイチゴが好きであってイチゴ味のソーセージではないような・・・。
「イチゴは魚のすり身にも合う」と、ソーセージにイチゴの果汁と牛乳を加えて味を調え、イチゴ風味を持たせたソーセージが完成したようですがそれでは結局ソーセージ好きの子供が出来るのではなくイチゴ好きの子供が妥協で食べている感じもありいやはやなんとも。
ワタクシはソーセージ好きでありますのでいいのですが。みなさんはイチゴソーセージを食べたいと思いますか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

千羽鶴セット [父さんちょっとそれは・・・]

父さん、事件です。
いやはやまいりました
千羽も折るのは大変、とてもそんな時間はない。そう、現代人は忙しいのです。でも応援したい気持ちは本物、この気持ちだけでも伝えたい。というニーズに応え千羽鶴パックという物が販売されております。
この千羽鶴パックはあらかじめ折られている990羽の鶴が送られてきます。あなたは残りの10羽を心を込めて折って千羽の鶴に糸を通すだけで、あっという間に千羽鶴の完成です。お値段も1万2600円(送料別・税込み)と千羽折る時間と労力に比べたらお手ごろな価格。さらに、10羽すら折る時間がないという方には完成品の販売も行っているようです。
990羽は誰が折っているのでしょう?おもに主婦の方たちに内職として折ってもらっております」
まあなんでも金金金の時代ですね。
しかしこんな例もありました。ご老人が送りたい場合やはり1000羽は厳しいですよね、これはわかります。なのでそれこそ年齢制限で65歳以上に販売とかして欲しいものです。若い人を自分で折りましょうよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

寿司がどうにかなってしまいます [父さんちょっとそれは・・・]

父さん、事件です。
いやはやまいりました
ワタクシまあ今日はお寿司でも買って帰るかとお寿司やに行きました。まあワタクシは大の偏食家なのでメニューは2つ3つしかなくセット関係はほぼ無理なんですが。まあしかしいちもくさんにその物を取るのはちょっと気が引けたので一応どれにするかなと迷った振りを。そしてワタクシかなり固まってしまいました。これはもう普通でただ単純に4半世紀を優に超える人生でただだらだら生きてきたワタクシの勉強不足なのか?「茶そば寿司」というものを初めて見ました。ワタクシそばは居酒屋で最初に食べるほど好きであります。
しかしこの「茶そば寿司」というもの寿司の太巻きでご飯の部分がそばになっていました。なのでなんとなくグレーで太巻きの鮮やかさが消えてしまっております。これはありなのか?間違えた戦略商品なのか?ワタクシは酢飯があってのお寿司だと信じて疑ってませんでした。
一応辞書で「寿司」を調べてみると、「塩をふった魚介類を飯とともに漬け、自然発酵によって酸味を生じさせたもの。」「酢で調味した飯に、生、または塩や酢をふりかけた魚などの具を配した料理。」こうやって辞書はなんか文字を多くして凄そうに語っていますがこれを見る限りワタクシの酢飯ありきは間違いではないようです。「茶そば寿司」は即刻「茶そば酢」に変えるべきです。やっぱり「酢茶そば」の方がスチャダラみたいなので「スチャソバ」にしてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の4件 | - 父さんちょっとそれは・・・ ブログトップ